「劇団 大人の麦茶」演劇ポスターを制作させて頂きました。ポスター制作は未完成の限られたあらすじから役者さんがどのように演じるかを想像しながら描くのですが、毎年本番で初めて登場人物に対面するのが楽しみです。毎回創造通りだったり、全く正反対の人物であったりして。今回はどんなだろう。? 詳細




場所 枡野書店(南阿佐ヶ谷徒歩5分)

○日程 毎回予約制

9月開催日
●9月30日 詩歌や小説を描く(映画等も可)
10月
●10月14日 各自南阿佐ヶ谷を歩いてモチーフ採取(スケッチ)して仕上げてみよう
●10月21日 夏の思い出を描こう
●10月28日 みんなの(いなければ目黒の)失恋の思い出を聞いて描こう
全て土曜日

*多少変更の場合もあります。リクエストにより個別課題も可能です。 (内容は変更することがありますのでご確認下さい)
全て土曜日

○時間 午前9時30分〜12時30分 一回5000円

○定員 6名

詳細はこちら

枡野浩一20周年『あのころの日々、あのころの日々だった君』@渋谷ロフト9に呼んで頂いた。本文はこちらから

最近の最新記事はnoteに掲載しています。
是非 こちらをチェックください


【完全版 絵付き朗読動画】絵本『あれたべたい』文枡野浩一 絵目黒雅也
あかね書房http://www.akaneshobo.co.jp/tokushu/aretabetai/

ご協力頂いた歌人天野慶さん、声優小平有希さんありがとうございます!

動画はこちらからどうぞ

#絵本 #短歌 #読み聞かせ #picturebook


今日から剣道の稽古について日々思ったことを書いてみます。頻度やいつまで続けられるかは分かりませんが。 今日の稽古について(2017年1月18日水曜日)。以前から常に構えについて考えていて、昨年は脱力ということのみを考えていました。今年に入り、宮本武蔵の五輪書にある”立ち方”をあらためて考えみようと思い、意識して稽古しています。(続きを読む noteへ)










50点程納品しました。全て一点きりの原画で手に取ってご覧頂ける個展のような感じに。絵本「あれたべたい」(文枡野浩一)試し読みも出来ます。楽しい場所ですので西荻散歩に来られたら是非お立ち寄りを。ニヒル牛 #西荻窪 #ニヒル牛 #絵本




歌人枡野浩一氏の連載にイラストレーションを毎月描きます。新宿二丁目のバーaday in the life (アデイインザライフ)のWEBサイトにて毎月更新されます。よろしくお願いいたします。

「ためがたりない。もう少しためて。」とは剣道の先生(以降剣師)の言葉。ぼくにとって「ため」はイラストレーションの仕事と、28年間続けてきた剣道の両方に必要不可欠で人生を左右するくらい大切な言葉だ。 ここでいう「ため」は漢字では「貯め」ではなく「溜め」の意味になる。ただし漢字の「溜め」よりも言葉で発せられる「ため」はもう少し広義でひらがなの方がイメージに近い。それは自分の中で空間、時間的に溜めるだけではなく精神的なものでもあり、相手とのかねあいの中にある抽象的な「ため」だからなのだと思う。剣道六段審査を前に課題とされた「ため」。これは物理的には相手を動かして機会を捉えることを意味し、精神的には剣尖を交え合気になった互いの心と体が(静)から(動)へ移行するまでの間に打ちたいと急く気持ちを我慢するということになる。その「ため」を時間で言うと数秒でも数十秒でもあるし、外見はぴたりと静止していることもあれば足や剣尖は目まぐるしく動いている最中であったりもする。八段の剣師には万事言動にもためがある。小さな子供には簡単な言葉と静かな口調でゆっくりと話す。すると子供たちはしんとして聞く。声を荒げることはない。剣師の指導をようやく発揮できた六段審査では一分間の立会い二回でたった八本しか打ちを出さなかったが打突の機会を捉え合格した。幸いにして「ため」の本質の片鱗を見た気がした。幾度も無様な立ち合いをして不合格を重ねた末のことである。 「剣道家でイラストレーターとは相反していて意外だね。」と言われることがあるが共通点は多いと思っている。ぼくは日大芸術学部デザイン学科でイラストレーションの大家である安西水丸(故人)に邂逅しイラストレーターを志すことになる。安西師には沢山の大切な言葉を頂いたが、一番印象に残っているのは恥ずかしながら失恋についての言葉だ。意中の人について相談しようとするや否や安西師が矢のように鋭く、それでいて静かな優しい口調で放たれた言葉はこうだ「今君がやるべきことは花束やプレゼントを渡して口説くことではなくただ黙々と自分の才能を磨くことだ。そうすれば引く手あまたで向こうから寄ってくるものだよ。」安西師のイラストレーションは柔らかくゆるやかで見る者に(誰にでも描けるのではないか)という錯覚を与えることがある。それは剣師と同じ意味での「ため」があるからだ。イラストレーションにおける「ため」は見る側からも絵の中に容易に入り込める隙(親しみやすさ)があることであり、それは誌面の世界観に引き込まれることと同義だ。安西師は「与えられた制約をいかにクリアするかがこの仕事の楽しさ」と語られる通りあらゆるジャンルの誌面と合気になり膨大な秀作を遺した。 齢60歳を越える剣師の構えにはゆとりがあり動きは柔らかい。隙があるように見えて安易に打ち込めばぴしゃりと返される。一見静かだが稽古を積んだ者であれば隙どころか周到な備えと気迫の凄まじさを感じ取り居つくか引き出される。安西師の絵も同様で絵面だけならある程度真似出来てもいざ案件を目の当たりにすれば上手く描こうと力み自由な柔らかい線とは似ても似つかぬ駄作となる。安西師の絵を「ヘタウマ」と呼称するむきもあるがこれは観客に対する師一流のユーモアと懐の深さであり本質は(至高のセンスによる周到に計画された構成力と、脱力の極致)くらいに理解できなければろくな描き手にはなれないとぼくは思う。 両師ともに圧倒的な経験値に裏打ちされた「ため」が研ぎ澄まされた先端に集中している。高峰に鎮座する両師に及ばずながら近づくためにぼくはまず日常から「ため」を実践する。例えばBARで同席した魅力的な女性をあえて口説かずに帰るというような。「それはためではなく女を知らないからだよ目黒は」と天国の安西師に笑われるかもしれないけれど。








クリネタNO35秋号 舟崎泉美さんの連載小説にイラストレーションを描きました。是非ご一読下さい。



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お仕事のご依頼・お問い合わせ

meguro@design-combi.com

・24時間受付

ホームページ(note)

関連リンク・実績・取引先

関連リンク

画集「挿絵道」WEB版

tunblr(ポートフォリオ)

▲輝け!ニッポンのかみしばい

▲instaglum 1998年〜のほぼ全ての作品公開

▲あかね書房より絵本「あれたべたい」2016年6月刊行 ぶん 枡野浩一(歌人) え 目黒雅也
●剣道六段(新渡戸文化学園剣道講師)
●日大芸術学部にて安西水丸氏に師事
●日大芸術学部学部奨励賞
●イラストレーションヨコハマコンペ
1999、2000入選
●SAPPORO BEER TOKIO HOT 100 AWARD
ポスターデザイングランプリ
●誌とファンタジー公募入選
●13回TIS公募入選
●小学館文庫「洞窟オジさん」装丁

☆主な取引先☆
リットーミュージック/あかね書房/小学館/ソニーミュージック/中央公論社/実業之日本社/マキノ出版/NHK/JR東日本/ホリプロ/シンコミュージック/大京/大泉村/エイ出版社/ソニーマガジンズ/プレアデスセンター/ニューズ出版/ビレッジレス ナレッジフォア/日本デキシー/日経BP/兵庫県満願寺/新渡戸文化学園/杉並区教育委員会/ハクデザイン/森田デザインプロダクション/ノーブルウェブ/新潮社/山と渓谷社/エディトルームカノン/マックスライン/ など

twitter

LINE Creators Marketでオリジナルスタンプ販売中

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM