結婚2年目である。妻との 交際は足かけ8年目、途中1年半別れていた。別れて1年経つと「取り返しのつかないことをした」という気持ちになり彼女と復縁すべく行動を開始した。 連絡してみると何とか会うことが出来て楽しく食事のみのデートをして帰る。その後またぼくは致命的なミス(彼女の誕生日を忘れるという)を犯して絶交された。慌てて許しを懇願する手紙を出し、メールをし、電話には出てもらえず半年が過ぎた。電話、メールは着信拒否をされいよいよ打つ手がなくなり家を訪ねたがダメで警告的なメールが来てまた着信拒否になる。ほとんどストーカーの扱いである。 ぼくは最後の作戦に出た。それは彼女との思い出の喫茶店に行き考え抜いたことだった。その喫茶店のパンフレット(素敵なレトロなデザイン)を仕事先(彼女は当時剣道の指導をしていた学校の教員だった)ですれ違いざまに「ここに行って来たんだ」と言って手渡したのだ。 その夜メール着信拒否は解除されていた。
ぼくは西荻窪の純喫茶それいゆでお茶をする約束を取り付けて、一番角のテーブルを”西荻の天草四郎”(とぼくが勝手に名付けた美男子店員で今では実力派ミュージシャン)吉原章氏(現在は店員ではない)に押さえてもらい、前日も彼と飲んで相談した。彼はぼくの周りにいる多くの”復縁は絶望的だから諦めろ”派とは違い唯一の”やれることをやろう一ミリでもチャンスがあれば”派で精神性も含めてそれいゆ史上最強のイケメンだとぼくは思っていた。彼とはお店で見かけるようになってから三年くらい経ってようやく話をするようになりクセのある客の悪口を言いあったりするうちに意気投合したのだ。 彼女はデートを了解してくれはしたがすでに付き合いかけている相手がいるそうだった。ぼくは前日から彼女にひたすら(とにかく全て)謝り続ける覚悟をした。泣く練習までした。(現にわかれてからしばしば後悔のあまり泣いたこともあったから嘘泣きとは言わないで欲しい)。ぼくが人前で泣いたのは小学一年のときに矢部というおばさん先生が給食を残させてくれず、掃除中も、帰りの会になっても食べきれず、その唯一の同志中山さえ食べ終わったからついに心が折れて泣きながら「先生、残させてください」と懇願したそのときくらいのものだった。後でこの中山がそのときにインチキをして食パンをカバンに入れ帰り道に捨てたという話を聞いて歯噛みして悔しがったのは中二になった頃。ちなみに中山は学年で一番、ぼくは三番目に足が速く勉強もぼくより出来たから、全てにおいて彼を格上のアスリートとして尊敬していたが、その話を聞いて「勝った」と思った(根拠らしい根拠はないが)。他に泣いたのは荒れた中学生の指導員の副業をしたときの卒業式くらい。 話は脱線したがその後ぼくは何とか彼女を妻とすることが出来た。彼女にパンフレットを渡した喫茶店の名は渋谷「名曲喫茶ライオン」だ。このライオンも西荻窪「それいゆ」も2016年6月に(あかね書房)から刊行された #絵本 「あれたべたい」文 枡野浩一 絵 目黒雅也 (購入はこちらから) の大切なシーンに描かれている。お客さんとして彼女もどこかに登場しています。
はじめに「目黒さんの描きたい絵を描いてくださいね。浮力のある絵なのでぼくが風を吹かせますから」と言ってくださり、その通り見事なまでにお話を仕上げられた歌人枡野浩一さんと、難解な舵取り役を背負い力むことなく出版という港へと届けて下さったあかね書房の榎さんには、本当に感謝しかなく、ぼくの半生を込めることが出来たと思っています。いや、すべてを込めなければとても描けなかった作品なのです。





以前西荻窪で行った個展「ラブレター」でもこのときのけんまつを描きました。よろしければご覧ください。 目黒雅也

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

お仕事のご依頼・お問い合わせ

meguro@design-combi.com

・24時間受付

ホームページ(note)

関連リンク・実績・取引先

関連リンク

画集「挿絵道」WEB版

tunblr(ポートフォリオ)

▲輝け!ニッポンのかみしばい

▲instaglum 1998年〜のほぼ全ての作品公開

▲あかね書房より絵本「あれたべたい」2016年6月刊行 ぶん 枡野浩一(歌人) え 目黒雅也
●剣道六段(新渡戸文化学園剣道講師)
●日大芸術学部にて安西水丸氏に師事
●日大芸術学部学部奨励賞
●イラストレーションヨコハマコンペ
1999、2000入選
●SAPPORO BEER TOKIO HOT 100 AWARD
ポスターデザイングランプリ
●誌とファンタジー公募入選
●13回TIS公募入選
●小学館文庫「洞窟オジさん」装丁

☆主な取引先☆
リットーミュージック/あかね書房/小学館/ソニーミュージック/中央公論社/実業之日本社/マキノ出版/NHK/JR東日本/ホリプロ/シンコミュージック/大京/大泉村/エイ出版社/ソニーマガジンズ/プレアデスセンター/ニューズ出版/ビレッジレス ナレッジフォア/日本デキシー/日経BP/兵庫県満願寺/新渡戸文化学園/杉並区教育委員会/ハクデザイン/森田デザインプロダクション/ノーブルウェブ/新潮社/山と渓谷社/エディトルームカノン/マックスライン/ など

twitter

LINE Creators Marketでオリジナルスタンプ販売中

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM