枡野浩一20周年『あのころの日々、あのころの日々だった君』@渋谷ロフト9に呼んで頂いた。本文はこちらから

中野区剣道大会(個人)で準優勝をさせて頂きました。杉並区個人団体、中野区団体ではこれまでに優勝をさせて頂き、中野区個人では二度目の準優勝となります。優勝をしたかったです。この大会はメンタル的にとても難しい大会のひとつです。普段指導している小、中、高生徒の前で試合をする年に一度の大会だからです。
20代から33歳まで上段で試合をしていましたが、以降六段審査を機に中段で試合を行い、近年では三位、準優勝、二回戦敗退という流れから今年は密かに錆びつかせないようにしていた上段で臨みました。
近年のテーマ「我慢」とは程遠い内容でしたが、途中一本先取される場面もありながらほとんど緊張せず平常心で行うことは出来ました。おそらくは1歳になる息子の朝の送りを毎日していることも原因だったかと考えています。それはどんなに仕事で夜ふかしをしても、深酒をしても必ず早朝に目を覚ます息子の世話をし、公務員の妻を見送り、通勤のサラリーマンに逆流しながら10キロの息子を歩いて送ることは毎日必ずしているという縛りが精神を成長させてくれているであろうからです。息子は時に容赦なく夜泣きをします。抱っこをしたまま二時間近く寝ないことさえ。これらは元々イラストレーターという不規則生活の自由業者の私にとってはかなりの苦痛です。最近はそのような日も暗闇で無念無想の心境で息子を抱いて寝かせ、朝も軽やかに保育園に通い1日をスタートさせています。
剣道の試合の日も、妻から「早く帰って来てね」という無言のプレッシャーを背負いつつ、負けたらすぐ帰ろうと考えている間に気付いたら決勝まで残っていました。一試合一試合生徒達に「もう体力は尽きた」とか、「あれはラッキーだった」とか言いながら試合をし、さすがに40歳の為1日5試合(1回戦シードでした)はきつく、翌日は身体中が痛み38度の熱が出ました。20歳以上の剣士に混じり我慢を信条に対戦し、決勝で敗れた相手は何と50歳でした。それまで溜めて打っていたものが、さらに相手は溜めて、引き出された上での完敗です。しかし試合途中から肩で息をされていた相手の先生からはとても大切なものを学ばせていただきました。決勝では完全に精神戦で敗れたのです。
20代の時にも同じ経験がありました。40歳の相手の先生はやはり試合途中から肩で息をされていて、体力的にはこちらが有利と感じたまま、気迫に押され破れました。その後その先生は八段に合格され、やはり年齢による体力の衰えを旺盛な気迫や落ち着きという新たな武器でカバーされているということを感じました。そういう剣士になるためにいかに稽古をするか考えながら、明日も朝の送りをします。
(タイトル写真は六段審査時に竹刀に 我 慢 と書いて直前に30回唱えたもの)


剣道に関する詳しい記事はこちら
目黒雅也剣道指導日記
全ての記事はこちらのnoteをご覧ください。今後はnoteがメインとなります。



相面の重要性 夏の猛稽古、三年生最後の試合を終えて、秋となり来春へ向けて稽古に励みます。初心者も加わり面打ちに時間を費やします。意識するのは左足を継がずに大きく振りかぶって捨て切り、腰の重心移動を使うことです。

夏の最後の都大会では団体二回戦で東京三位の強豪と当たり破れましたが、大将戦は相面二本勝ちでした。相手方大将は東京個人優勝者でしたので、やって来たことは間違っていない、と感じました。当方大将は昨年二年次に東京都個人ベスト8でしたが、今年は延長戦の末とりこぼしベスト32でした。高校でのリベンジを目指します。相手選手はベスト8でしたが、錬成会でも良く見かけ、かなり力をつけて来た上にこちら以上に我慢の剣道であっぱれというしかありません。お互い出し切った勝負でした。

話を戻しますと面打ちの次は連続技、追い込み技等を反復しますが、今最も時間を費やしているのは相面。我慢、溜めから相手を引き出し、互角の気持ちから相打ちの覚悟で打って出、相手に乗れたら勝ちです。中学生、高校生、男女分け隔てなく対応するうちに次第にではありますが、誰とでも呼吸を合わせて正面から出られるようになります。

今週末の中野区新人戦に向けて選手には私が順番に稽古、掛かり稽古を行います。結果以上に過程を求めたいと考えています。”自分から相手を崩し、引き出して打つ”。という真っ直ぐな気持ちです。仕事仲間でもある歌人枡野浩一の短歌Tシャツ

結果より過程が大事 「カルピス」と「冷めてしまったホットカルピス」 枡野浩一

を着て行きましたが、まだ誰も真意に気づかない様子です(冗談ですよ)。本日は東京都道場連盟個人戦に道場の引率を兼ねて新人スカウトをしてみました。慣れないことをして冷や汗でしたが、いい出会いもありました。仲間が増えますように。

剣道に関する詳しい記事はこちら
目黒雅也剣道指導日記
全ての記事はこちらのnoteをご覧ください。今後はnoteがメインとなります。



【新渡戸文化学園で剣道をしませんか?中学、高校生剣士募集 初心者歓迎】生徒一名とマンツーマンの時期もありました。剣道は絵を描くことに似て自由です。押し付け、しごきは無し、元気に楽しく、強い剣道を一緒に作りましょう 詳細 https://note.mu/masaya_meguro/n/n66186f4b120c #剣道

最近の最新記事はnoteに掲載しています。
是非 こちらをチェックください


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お仕事のご依頼・お問い合わせ

meguro@design-combi.com

・24時間受付

ホームページ(note)

関連リンク・実績・取引先

関連リンク

画集「挿絵道」WEB版

tunblr(ポートフォリオ)

▲輝け!ニッポンのかみしばい

▲instaglum 1998年〜のほぼ全ての作品公開

▲あかね書房より絵本「あれたべたい」2016年6月刊行 ぶん 枡野浩一(歌人) え 目黒雅也
●剣道六段(新渡戸文化学園剣道講師)
●日大芸術学部にて安西水丸氏に師事
●日大芸術学部学部奨励賞
●イラストレーションヨコハマコンペ
1999、2000入選
●SAPPORO BEER TOKIO HOT 100 AWARD
ポスターデザイングランプリ
●誌とファンタジー公募入選
●13回TIS公募入選
●小学館文庫「洞窟オジさん」装丁

☆主な取引先☆
リットーミュージック/あかね書房/小学館/ソニーミュージック/中央公論社/実業之日本社/マキノ出版/NHK/JR東日本/ホリプロ/シンコミュージック/大京/大泉村/エイ出版社/ソニーマガジンズ/プレアデスセンター/ニューズ出版/ビレッジレス ナレッジフォア/日本デキシー/日経BP/兵庫県満願寺/新渡戸文化学園/杉並区教育委員会/ハクデザイン/森田デザインプロダクション/ノーブルウェブ/新潮社/山と渓谷社/エディトルームカノン/マックスライン/ など

twitter

LINE Creators Marketでオリジナルスタンプ販売中

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM